車の使用頻度

2013.5.8|豆知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車のバッテリーの使用頻度が少ない場合にはバッテリー上がりの可能性があります。それは車の充電は車が走行する事によって出来るのですが、使用頻度が極端に少ない場合には電気の消費量の方が充電の量より多くなってしまいバッテリー上がりの原因になってしまう事があります。

 

車の電気は車を利用していない際にも消費されています。そして一日に車を運転する距離が短かったり稀にしか車を利用しなかったりと車の利用が少ないとバッテリーには良くありません。こういった際にバッテリー上がりを防ぐ為には車をもっと利用する事が良いのですが、バッテリーの為に生活を変えるというのも変な話です。他のやり方としては定期的にバッテリーの充電を業者に頼むのが良いと思います。

 

定期的にといってもいつ頃が適切かというのも分かりにくいので車検などの際に充電してもらう様にするのも良いかと思います。充電残量が少ない状態が続いてしまうとバッテリー自体の寿命の長さにも影響が出てしまう事があります。しかし定期的に充電してもらう事によってそういった原因での寿命を縮めてしまう事が無くなるので良いですし、その結果バッテリーの交換回数も減って経済的にも有益であると思います。