ユーザー車検について

2013.3.4|車検の時期

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車には何かとお金がかかるもので、その内訳としてはまず、購入費用、それからローンを組めば毎月のローン、駐車場を借りれば毎月の駐車場代、日常的に使うのであればガソリン代やオイル代、タイヤ代なども決してバカにはなりませんが、それ以上に税金の費用や保険、車検費用も重なってきます。

 

このように車全体のかかる費用の内、車検代について考えてみるとこれも決して安い金額とは言えません。

しかしユーザー車検と呼ばれるものがあり、それを使えば少しでも車検費用のカットをすることが出来るのです。

ユーザー車検というものは、本来ガソリンスタンドやディーラーなどに頼む車検と違うところとしてはその工程の違いです。

 

前述のように最初から最後までお店任せにすると、メンテナンス費用や消耗品などの点検費用がその総額に含まれているのですが、ユーザー車検ではこのメンテナンスと点検を自分で最初から最後まで手がけ、自分で車検をしてくれるところまで書類を用意して車を持って行くのです。

 

勿論チェックは細部まで怠ってはいけませんが、このようにユーザー車検で車検をクリアすると、普通にお店を通して車検に出すよりもずっと安上がりになり、維持費の削減になるのです。